播州赤穂で 温泉・飲み会

 京都校有志の主催する温泉・飲み会に参加した。

 朝早く、家を出て、花岳寺・赤穂城公園を散策した後、御崎町の瀬戸内海を見渡す露天風呂でゆったりした後、イタリアンのごちそうとワインをしっかり堪能した。

 2次会、3次会と楽しんで、一日を過ごした。

「ある男」 久々に小説を 読み考える

 平野啓一郎の「ある男」を読んだ。

 人間は何を持って、真実としているかを考えさせられた。小説中にあった芥川龍之介の「浅草公園」を今続けて読んでいるが、芥川にこのような小説があったのかとびっくりしている。

戦犯の 裁判あれは 何だった

 岡山のシティミュージアムでPOSTWAR72と称して、戦争裁判で処刑された人々の遺書が展示されている。

 当時のマスコミはアメリカに遠慮して、一切その存在を伝えていないが、戦争に従事した中での行為を一方的に判断したものである。あの戦争が何だったのかを考える意味でも裁判記録をこの際一つ一つ検証する必要があるのではないか。戦争を経験した人が生きている今こそ、意味のある最後の機会だと思う。




 

正月を 今年も迎え、決意新た

 今年も正月を無事妻の実家で迎えた。高齢の義母が元気に過ごしてくれていることがうれしい。

 実家の仏壇にもお詣りに行こうとしたのであるが、鍵を忘れてしまい、大失敗である。とりあえず庭の草むしりだけは済ませた。

 去年入籍を済ませた娘が、東京で簡単な結婚式をすることになっている。両親以外親戚を呼ばず、職場と友人だけを招待するなどと言っており、どんなものになるか想像がつかぬが、二人で決めたことに口は挟めず、成り行きを見守るのみである。

 とにかく、新しい年を無事迎えたことを感謝し、よい年になるよう精進したいと思います。

TPP 発効される とんでもない

 TPPが発効されたようである。

 トランプが脱退したことで、この協定をよいものかのように報道されているのが信じられない。トランプの政策の中で唯一まともな行動といってもよいと私は思っている。

 世界的企業が今以上に勝手なことをするのが目に見えている。

NHK 記者の根性 なかなかのもの

 NHKを森友学園の報道で退社した記者の本を購入した。

 乱暴な記者が言いたい放題で書いた本であるが、このような記者がいるということは、日本も捨てたものではないという思いを感じた。

 森友、加計問題は何事もなかったかのように終わろうとしているが、この本の発売とともにきちんと解明に向かってほしいものである。